0学 0学占い公式サイト

一般社団法人0学会 株式会社0学出版/※0学は登録商標です


0(ゼロ)学の歴史

0学開祖・御射山宇彦の略歴

0学開祖・御射山宇彦の略歴と研究

戦前、長野県を故郷として生を受ける。幼少時より、占いの天才少年として名を馳せる。

戦時中、当時世界最先端であったレーダー及びブラウン管の開発に携わる(テレビが始めて登場するのは昭和28年である)。

日本人が軍国主義一色に染まる中、第二次世界大戦での日本の敗戦を予言。憲兵隊に連行されるが、予言どおり8月15日に日本は玉音放送を聞くことになる。

新宿の大道易者として、多くの鑑定例を重ねる。昭和12年、四谷署から今ではその存在したことを知る人も少ない占術家としての認可・鑑札を受け、プロの道一筋に歩む。

20年後、鑑札を受けた占術家で名を残すのは、御射山宇彦のみとなる。


御射山宇彦の研究の歩み

  • 「グラフ占星術」発表。
  • 「新十二支論」発表。
  • 西洋12星座の真理を解明。
  • 三易「周易/連山易/帰蔵易」の易学的解明。
  • 日本が世界の縮図であることを解明。
  • ブラウン管の原理を0学易により分析。
  • 桃太郎伝説及び日本神話の0学的解明。
  • 歴史的に伏せられてきた古代史の真実を0学的に解明。
  • 女の時代の到来と、男権の衰退を戦前から予言。
    馬鹿の時代の到来を戦前から予言。
    ※馬鹿という意味は0学的に使用される。
  • 0学十二星座の創造。
  • 東洋文明と西洋文明の対象性を研究・解明。
  • 占術の分野では世界的にも異例の特許を取得。
    「0星・発見法」※実績として表示。
  • 0学姓名判断・名づけの理論を確立。
  • 表札占術、表札開運術発表。
    開運表札にて実用新案取得。※実績として表示。
  • 「ミラー占い」発明。実用新案取得。
    ※実績として表示。
  • 太陽系惑星配置の解明…占星術誕生の秘密を解明。
  • 冥王星の双子星であることを予言。
    その後、天体望遠鏡の進歩により科学者により証明される。
  • 氷王星の存在を予言。
    天文学者により彗星が氷の星であることが証明され、他にも氷でできている天体の存在が次々に発見された。
  • 科学的真理とされていた進化論(人間が猿から進化したとする学説)を批判。
  • 0学易樹立
  • 0学色彩理論
  • 0学料理占い
  • 0学花占い
  • 0学家相・方位の研究(新時代の家相と方位論)
  • 0学医心術
  • 日本国大予言

◆運命数割り出し用「生年月交叉数表」、運命数から導く六星=六王星、及び0学12運命周期図は「御射山宇彦の発明」として極めて重要である。

▼六星=六王星
 [水王星][木王星][月王星][火王星][金王星][土王星]

▼陰陽 十二支配星
 水星[陽]-氷王星[陰]  木星[陽]-海王星[陰]
 月星[陽]-魚王星[陰]  火星[陽]-冥王星[陰]
 金星[陽]-小王星[陰]  土星[陽]-天王星[陰]

▼0学12運命周期図
 0地点→精算→開拓→生長→決定→健康→
 →人気→浮気→再開→経済→充実→背信→0地点
 「0に始まり0に終わる運命」

生年月交叉数表

御射山宇彦の研究は多くが世に出ていないが、代表的著作物として
「0学概論 NO.1~NO.6」がある。


0学会略歴

1946年 相科学会結成
1949年 人理学会結成
1952年 [0の会]結成後[0学占術会]に改名
1955年 日本易学会結成
1957年 日本占師会結成
2001年 株式会社0学会として法人化
2010年 一般社団法人0学会を設立

幾多の困難と紆余曲折を経て、御射山令元が開祖の後継者となり、2001年に新制0学会を法人化、現在に至る。

※御射山遺跡は、近代になって発掘された古代競技場址であり、0学的には学問的見地から研究の対象とするものであり、特に御射山姓との関連を証明するものではない。

御射山遺跡・御射山神社・社会文化功労賞